店長からのお知らせ

知立の居酒屋、三河スローフードの蔵らです!

宣言通り、、、今朝ガッツリ西浦漁港で仕入れてきました。

アンコウにヒラメ、アナゴなどなど。

蔵らのアナゴは全て活け〆です!

 

なぜ、活け〆がいいのか?

活け〆をすると、魚の鮮度が保たれます。
なぜ魚の鮮度が保たれた方がいいのか?

それは、旨み成分がたくさん残るからです。

魚が暴れたりストレスを感じると、うまみ成分の
素が減ってしまうそうです。
活け〆だと、魚がポックリ死にますので、ストレスを
感じる前に〆ることができます。

さらに、活け〆をすると臭みも抑えられます。

魚の臭みの原因は、微生物の腐敗が多いそうです。
つまり、血をしっかりと抜けば臭みが減ります。
もちろん、魚の体の中に血が貯まることも無いので
見た目も良くなります。

 

そして、蔵らと言えばレア魚!!

ソコイトヨリダイという名前です。

聞いたことありますか?

イトヨリダイと区別されずに流通されていることが多いようです。

この魚も美味!

蒸したり、焼いたりするといいですね。

蔵らではどんな料理になるのか・・・

これはお楽しみです!

 

お問い合わせ、ご予約はこちらまでどうぞ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。